九州学生剣道連盟

歴代会長


初 代 
下 川  履 信

福岡商科大学学長・東京大学卒
 戦後、剣道が禁止されていた時代、学生剣道の復活に力を貸され昭和28年に九州学生剣道連盟の創設、初代会長に就任。
 無から有を生む事が求められる時代に親身に学生剣道を育て、基盤を作られた功績は大きい。


二 代 目
今 村  有  

福岡大学学長
 昭和28年の学連創設から昭和48年まで18年間、無から有を生む如く物心両面に学生剣道を育ててきた。


三 代 目
井 上  義 人

前久留米市長・九州大学卒
 今村会長の後を受けて昭和56年まで連盟の発展を支えてきた。九州大学在学中に天覧試合府県選士に選ばれた達人であり、常に学生達に事理一致・文武不岐を説いて、剣道精神の発揚を願った。


四 代 目
大 江  健 一

福岡市議会議員・福岡大卒
 学連創設直後から評議員代表として連盟幹事を指導するとともにOBの組織づくりに尽力し、西日本女子学生大会の創設など学連の成熟期を支えてきた。


五 代 目
井 口  雄 哉

福岡市助役・九州大学卒
 三角卯三郎範士の北辰館で剣道入門、東洋哲学の立場から学生剣道のあるべき方向性を説いて、学連の精神的支柱を確立した。


六 代 目
柴 山  晃 進

晃研産業代表取締役・福岡大学卒
 福岡大学在学中より50年にわたり、種を蒔き苗を育て九州学生剣道連盟を立ち上げた。


メインメニュー
検索
アクセスカウンタ
今日 : 9696
昨日 : 7979
総計 : 529360529360529360529360529360529360
九州学生剣道連盟
TOP / 九州学生剣道連盟 / 学連役員 / スケジュール / 大会結果 / 事務連絡 / 書類ダウンロード / リンク集 / 管理者ログイン
Copyright © 2008 九州学生剣道連盟 All Rights Reserved