九州学生剣道連盟

九州学生剣道連盟規約


第1章  総    則
第1条 (名称)本連盟は九州学生剣道連盟とする。
第2条 (事務所)本連盟は事務所を福岡市内に置く。
第3条 (目的)本連盟は、学生間に於ける剣道の奨励発展と加盟校相互の連絡及び親睦融和を図り日本剣道の発展に寄与する事を以って目的とする。
第4条 (活動)本連盟は、全日本学生剣道連盟に加盟し、前条の目的を達成する為に次の活動を行う。
1. 全九州学生剣道大会の開催並びに学生剣道の普及と発展
2. 関係諸団体との連絡
3. 記録の集録及び保存
4. 其の他本連盟の目的達成に必要な活動
第2章  組    織
第5条 (組織)本連盟は連盟規約の目的及び活動を承認したる九州(含む沖縄)地区の各大学の剣道部を以って組織する。
第6条 (加盟資格)本連盟への加盟は、次に該当する大学の剣道部に限られる。
1. 4年制大学(但し、6年制の医歯学部を含む)
2. 6年制、医歯学科大学
3. 他地区連盟に本校を持つ大学の分校
4. 短期大学
第7条 (加入及び脱退)本連盟への加入及び脱退に際しては其の必要事項を幹事長に届出て常任幹事会の議を経て幹成会の承認を得るを要する。
第8条 (登録)各加盟校は毎年3月末日迄に次に掲げる事項を本連盟に報告しなければならない。
1. 名称
2. 所在地
3. 連絡場所及び電話番号
4. 部長・監督・主将・主務及び幹事の氏名
5. 個人登録者名簿、又以上について変更があった場合、直ちに本連盟に報告する事を要する。
第3章  役    員
第9条 (役員)本連盟に次の役員を置く。
1. 会長1名
2. 副会長若干名
3. 幹事長1名
4. 副幹事長2名
5. 常任幹事若干名
6. 幹事若干名
第10条 (役員の選出及び任期)本連盟役員の改選は、前年度の12月の幹事会にて決定し、その選出方法は、次のとおりとする。
又、任期は、毎年1月1日より12月31日迄の1ヶ年とする。但し、留任を妨げない。
1. 会長及び副会長は、評議員会が推薦し、幹事会の承認を必要とする。但し、学生以外の者とする。
2. 幹事長及び副幹事長は、常任幹事会にて選出し、之を幹事会にて承認する。但し、原則として福岡市近郊の大学より選出される。
3. 常任幹事は幹事会にて選出される。但し、原則として福岡市近郊の大学より選出される。
4. 幹事は、各加盟校より各1名選出される。
5. 役員が、其の任期中に交替する場合は、後任者の任期は前任者の残余期間とする。
6. 役員は総て後任の役員が決定する迄その職務を遂行せねばならない。
7. 幹事長、副幹事長は夫々同一大学より選出するを認めない。
8. 幹事長、副幹事長、常任幹事及び幹事は夫々相互に兼任してはならない。但し、常任幹事及び幹事は、常任幹事会及び幹事会に於いて委任により相互に代行できるものとする。
第11条 (任務)本連盟の役員の任務は、次のとおりとする。
1. 会長は、本連盟を代表し之を総轄する。
2. 副会長は、会長を補佐し会長事故ある時は之を代行する。
3. 幹事長は、幹事会及び常任幹事会を代表し常時会務の企画立案及び実施にあたる。
4. 副幹事長は、幹事長を補佐し1名は総務、他の1名は会計を担当する。幹事長に事故ある時は、総務担当の副幹事長が之を代行する。
5. 常任幹事は、常任幹事会を構成し会務を審議し実施すると共に緊急事項の議決に当る。
6. 幹事は、幹事会を構成し会務の円滑なる遂行に当る。
第4章  機    関
第12条 (機関)本連盟に次の機関を置く。
1. 幹事会
2. 常任幹事会
3. 評議員会
第1節  幹 事 会
第13条 (幹事会の構成)幹事会は、本連盟の最高の議決機関であり幹事長、副幹事長、常任幹事及び幹事によって構成される。
第14条 (権限)幹事会は、次の事項を議決する。
1. 規約及び細則の変更
2. 予算及び決算
3. 活動計画
4. 役員の選出及び承認
5. 其の他の重要事項
第15条 (召集)幹事会は毎年3月、7月、12月に幹事会が之を召集する。又、臨時幹事会は、幹事長が必要と認める場合又は、幹事の1/3以上の要請があった場合幹事長が之を招集する。
第16条 (定足数及び議決)幹事会は、幹事の過半数の出席によって成立し、出席者の過半数の同意により議決する。出席者が半数に達しない場合は、仮議決とし20日以内に幹事の1/2以上の異議申立がない時は、議決があったものとする。但し、可否同数の場合は、議長の決定するところによる。
第17条 (議決権)幹事会の議決権は、各大学の選出の幹事につき1票とする。但し、幹事の委任状により代理出席ができ議決に参加しうる。
第18条 (議長)幹事会は、議長となり議事を司宰する。但し、議決には加わらない。
第2節  常任幹事会
第19条 (構成)常任幹事会は、幹事長、副幹事長及び常任幹事を以って構成し幹事長が議長となる。
第20条 (権限)常任幹事会は、幹事会の議決に基き企画立案実施及び緊急事項の議決にあたる。但し、緊急事項の議決は、事後幹事会の承認を得るを要する。又、常任幹事会は、予算案の決定並びに決算書其の他の会計上の監査にあたる。
第21条 (召集)常任幹事会は、幹事長が必要と認めた場合之を召集する。
第22条 (議決権)常任幹事会は、各構成員につき1票とする。但し、常任幹事の委任により代理出席ができる。
第23条 (定足数及び議決)常任理事会は、構成員の過半数の出席によって成立し議事は、出席者の2/3以上の同意によって議決される。出席者が過半数に達しない場合は、仮議決とし7日以内に構成員の1/3以上の異議申立がなかった時は、議決があったものとする。可否同数の場合は、議長の決定するところによる。
第3節  評議員会
第24条 (評議員及び評議員会)本連盟に評議員並びに評議員会を置く。評議員会は、幹事会の諮問に応える。評議員会に関する規定については別に之を定める。
第5章  会    計
第25条 (経費)本連盟の経費には加盟費、連盟費、個人登録費、寄附金、前年度繰越金その他の収入を以って充てる。
1. 連盟費、個人登録費は毎年3月の幹事会にて決定する。
2. 連盟費、個人登録費の納入は、毎年5月末日迄とする。
第26条 (会計年度)会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日に終る。
第27条 (予算)本連盟の予算は、会計担当の副幹事長が之を編成し常任幹事会の議を経て幹事会の承認を得なければならない。
第28条 (決算)本連盟の決算は12月の幹事会迄に終了し決算書は常任幹事会の監査を経て遅滞なく幹事会に報告されその承認を得なければならない。尚、加盟校に報告する事を要する。
第6章  大    会
第29条 試合の日時、場所、種目及び参加人員等の細目については、少なくとも大会の1ヶ月前迄に決定する。
第30条 試合及び審判規則は、全日本学生剣道連盟規則に準ずる。
第31条 (出場資格)本連盟の試合出場資格は、個人登録を行っている者に限る。但し、在学登録4回以内、医歯学部6回以内とし学生剣道大会以外の各職業域大会に出場資格を有した者並びに有する者は出場を認めない。
第32条 (用具及び服装)学生剣道を為すに適したものを使用する。
1. 竹刀は、長さ115cm〜118cm 重さ485g〜562gまでのものを使用する。
2. 試合開始前に原則として用具検査を行う。
第7章  罰    則
第33条 本規約及び細則に加盟校及び登録者が違反した場合は、幹事会の名に於て加盟校及び登録者の地位に基づく権利の行使の停止又は、除名を行なう事ができる。上記の判定及び審理そして判定の手続は、別に 之を定める。
第8章  付    則
第34条 (解散)本連盟の解散は、幹事総数の2/3以上の同意を得なければならない。
第35条 (変更)本規約及び細則の変更は、常任幹事会の議を経て幹事会の2/3以上の同意を得なければならない。
第36条 (細則)本規約の施行に必要な細則は、常任幹事会の議を経て幹事会の承認を得ねばならない。
第37条 (実施)本規約は昭和52年1月1日より実施する。
組 織 細 則
第1条 (加盟及び脱退の届出様式)本連盟に加盟及び脱退に際しては、次の事項を明記し幹事長に届出ねばならない。
1. 名称
2. 所在地
3. 連絡場所及び電話番号
4. 部長・監督・主将・主務及び幹事の氏名
5. 加盟及び脱退の主旨
第2条 加盟及び脱退は、3月並びに7月の幹事会にて承認された場合は、その年度より又、12月の幹事会にて承認された場合は、翌年度より認める。


メインメニュー
検索
アクセスカウンタ
今日 : 105105105
昨日 : 166166166
総計 : 510146510146510146510146510146510146
九州学生剣道連盟
TOP / 九州学生剣道連盟 / 学連役員 / スケジュール / 大会結果 / 事務連絡 / 書類ダウンロード / リンク集 / 管理者ログイン
Copyright © 2008 九州学生剣道連盟 All Rights Reserved